第二新卒が就活するために知っておくべきこと

第二新卒は有利な立場である

第二新卒は、3年未満でやめてしまって就活に不安が多い人もいるでしょう。

「本当に転職できるのかな」「転職できないでフリーター生活になってしまうのでは」と考えてしまいます。

第二新卒でも、面接官に良さをわかってもらえないで空白期間が長くなってしまうこともあります。

空白期間とは、履歴書の職歴が書けずにいわば職がない期間のことです。

このようなケースもあるので、不安であれば働きながら休みの日や有給を使って転職活動すればいいですね。

まあ、時間はかかってしまいますけど安心はありますね。

実際、不安よりも楽観的に考えてもいいと思います。

即戦力

経験が浅いと思われてしまうことはあります。

ですが、未経験に比べると明らかに教える時間とコストを削減することができるはずです。

会社は、少しでも即戦力になってもらえるほうことが多いです。

ビジネスマナー

ビジネスマナーがあることで、研修も行う必要がないです。

さらには仕事に対する向き合い方ややり方を理解できています。

なので仕事を安心して任せことができます。

将来性

20代の若い年齢なので、仕事の覚えは早いです。

さらには、熱意ややる気が伝わりやすいので、分からないことがあってもなんとか解決しようとします。

なので成長をしますし、企業も貢献してもらえるからありがたいのです。

注意するべきこと

あなたも心配しているかもしれませんが、3年未満でやめていることろが引っ掛かる企業もあります。

採用してもまたすぐに辞めるのでは思われてしまいます。

マイナスな言い方にならないように、注意するべきことです。

ですので転職することが、マイナスではなくプラスになるような言い方をしないといけません。

スキルアップのための方も多いと思いますが、これまでの経験や実績を活かすことができるようにアピールすることで大事なのです。

効率の良い就活をするのなら

早く辞めたことも、プラスのいい方ができれば問題ないです。

そしてこれまでの経験や実績を活かして、これからどんな仕事をしていきたいのか、何ができるのかアピールすることで就活がうまくいきます。

不安であれば、一人で就活するのではなくて転職コンサルタントに相談することでアピール方法や質問の答え方などアドバイスをもらうことができます。

転職支援サービスに登録することで、コンサルタントに無料でアドバイスを受けることができますよ。

せっかく経験や実績を無駄にしないためにも、効率の良い就活をすることがお勧めですね。

第二新卒の空白期間はないほうがいい

空白期間とは

空白期間とは、経歴にかけるような内容がなかった期間のことです。

会社を退職してから転職するまでに何もしていなかったら空白期間といえます。

面接は、履歴書を見て空白期間があれば、突っしっかり勉強していたこと込んでくることが多いのです。

その時に、「何をしていたか」「なぜ働いていなかったのか」理由を言えることが大切です。

そうでなければ、ただ単に働く気がないのかと思われてしまいます。

空白期間ができる理由とは

人それぞれ理由があるので、一言で片づけられるわけではありません。

転職活動

第二新卒は、転職する時にこだわりを持ってしまいます。

これまでの経験や実績を活かすことができるように求人探しに時間がかかってしまいます。

自分が思うような求人が出るまで待っていたり、条件が違っていたりすると長引くことになります。

特に未経験の職業であれば、不安なことや警戒心もあって慎重に探すために時間がかかってしまいます。

休暇を取っていた

前職では、根を詰めて働きすぎた人も多いでしょう。

だから精神的にも、肉体的にも疲れてしまったことで少し休暇を取ることで気分転換する人だってあります。

その時間が、ちょっと場が長引いたことも多くあります。

アルバイトをしていた

未経験の仕事に挑戦したい人もいます。

不安などでアルバイトで少しでも経験してから転職したい・・・

あるいは今すぐにでも生活するために資金を稼ぐためにアルバイトをする人だっています。

空白期間はマイナスに判断される

第二新卒として経験や実績を積んだことが、空白期間があることでマイナスに判断されることはあります。

面接官の信条としては、「なんで空白期間を必要だったのか」疑問があります。

スキルアップのために転職活動するのだったら、すぐに転職するはずと思われてしまいます。

働く気持ちがなかったのかなんて思われてしまいます。

また空白期間があることで、身につけた知識や技術も忘れてしまいます。

そうなると未経験に近づいてしまうのです。

会社にとっては、採用するメリットが少なくなってしまうのです。

そう思われないようにするには、空白期間の間をしっかり勉強して知識や技術を忘れないようにしていたことをアピールすることが大事なのです。

空白期間がマイナスではなく、あなたにとってはプラスになるようにこれからの経験や実績が活かすことができるようにアピールすることで問題ないでしょう。

要するに空白期間が意味があったことが大切ですね。

第二新卒だったらuターンできる

uターンとは

uターンとは、都会から田舎に戻り就職することです。

第二新卒の中には、地元に帰って転職したいの思う方もいるでしょう。

転職するために都会から地元に帰ることをuターン転職といいます。

地元で就職できなかったけど、経験を積んだので地元でも転職できると言えます。

uターンする理由は、人それぞれです。

親の介護や面倒をみないといけなくなった人、地元が好きな人、結婚や子供が生まれたので戻った人などがいます。

これまで地元で就職できなかった人も、第二新卒の方も転職できる可能性は高いといえます。

地元で就職活動ができなかったことは、未経験だったからです。

未経験だと一から教えていかねければならず、その時間とコストからとらない企業もあるのです。

ですが、第二新卒だとすべての業務はできなくても、ある程度の仕事はできますよね。

だから、即戦力として始めから働いてもらうことができるのです。

またビジネスマナーがあることで、仕事の向き合い方や取り組み方を身につけているから教えなくもいいのです。

20代ということと、転職する意識の強さから熱意ややる気が伝わってきやすくなって将来性を期待されます。

第二新卒がuターン転職するために

即戦力があることを、面接官にわかってもらわらければ意味がありません。

転職するために必要なことがあります。

転職する理由は

まずは、何のために転職するか理解できているかどうかです。

もちろんスキルアップのためということはあると思います。

しかし、「ただ地元で転職すたかったから」という理由では、即戦力を期待されないから転職は難しくなります。

転職してら終わりではなくて、どんな仕事に関わっていきたいのか、どんなことをしていきたいか具体的にイメージできていることで企業も採用したいと思えます。

転職して何ができるのか

面接でこれまでの経験や実績をアピールしなければいけません。

面接官は、あなたのことを知らないわけで、何ができるのかわかりません。

だからこそ、転職して何ができるのかピールすることが大切です。

転職支援サービスを使うこともあり

前述したようなことをアピールできる、uターン転職できる可能性は高くなります。

アピールに自信がない人は、転職コンサルタントに面接対策をしてもらったほうが自信が持てますよ。

コンサルタントは、これまで多くの方の転職支援をサポートしてきているので、アドバイスを聞いてアピールできるようになれば転職できるはずですよ。

uターン転職に不安であれば、転職支援サービスに登録して相談してみてはいかがでしょうか?

第二新卒でも四年目であれが有利

四年目の第二新卒に入る?

第二新卒は、3年未満に会社を辞めてしまった、25歳以下のことをいいます。

ですが、厳密な決まりはなく四年目であっても第二新卒と言ったりもします。

新卒でもないし、経験を積んでいるから既卒とも言えなく、言い方としては第二新卒という言葉がしっくりきます。

第二新卒のメリットは多い

経験がある

既卒との大きな違いは、経験が扱ないかです。

経験があることで、教える時間やコストを削減することができて仕事をやってもらえます。

企業によっては、人手不足で教える時間がないとこともあり不採用になってしまいます。

その心配がなくて、企業のために始めから役に立つことができますね。

ビジネスマナーがある

入社からビジネスマナーの研修をしてから、実務へと移る場合が多いです。

ですが、第二新卒はビジネスマナーがあることから仕事をやってもらえることができます。

また、仕事に対する取り組み方ができていることにもつながります。

熱意ややる気を感じる

20代ということで、熱意ややる気を感じることができます。

仕事では、その気持ちがあることでモチベーションになって成長することができます。

また企業にも貢献することができます。

使いやすい

同じ会社に長くいれば、仕事に対する考え方や固定概念ができてしまいます。

ですが、第二新卒はあまりないために扱いやすくなります。

教えたことにも素直に聞き入れて、職場の上司や先輩あるいは後輩とも人間関係を築いていくことができます。

連携が取れて、ミスが起こりにくくなるのです。

就職して三年目と四年目の違い

第二新卒のメリットも紹介してきましたが、一つ引っかかってしまうことがあります。

それが、また短期間でやめるのではないか」ということがあります。

第二新卒三年目まではそうやって思われてしまうことがあるんです。

ですが、四年目なると辞める心配をされづらくなります。

つまり第二新卒のデメリットであることがないことになります。

だから、第二新卒の四年目であれば、特に心配することがなく転職が有利になるといえます。

もちろん普通に自力で就職を目指すのではなく、転職エージェントを利用した方が有利ですよ。

面接では、これまでの経験や実績などをアピールすることが大切です。

もし自信がなければ、一人で抱え込まずに就職支援サービスを使ってみましょう。

面接で、うまく伝えきれてないことが多いです。

コンサルタントにアドバイスをもらうことで、あなたのアピールポイントを引き出せるようになりますよ。

何回も練習を積み重ねていくことで就職することができますよ。

第二新卒は需要が高い!!

第二新卒は需要がある

第二新卒は、企業が求めている人材といえます。

それは、社会人としてこれまでやってきたことがあるからです。

社会人として働くうえで、ビジネスマナーが大切になってきます。

ビジネスマナーがあることで、教えることが少なくなるから企業にとってはコストや時間が削減できます。

また経験が少ないことで、かえって仕事に対する考え方に柔軟に考えられることができます。

企業は、経験はほしいけど自分勝手に仕事をすることを嫌がります。

一人の能力が高くても、連携が取れていないことでミスになることもあるからです。

会社に長くいれば、転職ができやすいとは言い切れないのです。

第二新卒は経験が短いことで扱いやすくさらには即戦力もあるので需要が高いといえます。

求められること

面接では、求められることを誓いしてアピールすることが転職するために必要となります。

熱意ややる気

第二新卒が転職する目的に一つは、スキルアップという人も多いでしょう。

だから、自分のスキルを伸ばしていけるようにもっとさまざまな仕事ができるようにと大企業に転職を考えます。

その熱意ややる気があることで成長につながり、企業にも貢献できるようになります。

また、20代であれば若さがあり、これから長く続けてもらえる将来性があることも採用されやすいことになります。

人間性

前述のように柔軟に考えられることで、職場の人とうまくやっていくことができます。

仕事は一人でやるものではなくて、連携を取って協力していくことが大切です。

上司や先輩、後輩ともお互いの意見を尊重しあって、一方的に発言しないことも大切です。

教えられたことを素直に受け入れられることで、人間関係を良好に保つことができるのです。

これがコミュニケーションが取れることになって連携ができるようになります。

即戦力

なんといっても第二新卒は、経験を積んでいるということがポイントになります。

未経験であれば、教えることから始めなければならず、時間とコストがかかるので採用できないことにもなります。

仕事がある程度一人でできるのであれば、最初から仕事ができる環境になって企業の負担が少なくなります。

つまり第二新卒には、経験があることをどのように活かすことができるかということが大事なのです。

求められることを理解したうえで、面接でアピールできるようになれば転職は十分可能です。

企業は、少しでも即戦力になってもらえる人材を求めているので第二新卒は需要が高いといえます。

人事が見る第二新卒とは?

第二新卒は転職できる要素が多い

第二新卒は、企業にとっては採用しやすい状況といえます。

それは、有利なことが多いからです。

即戦力

3年未満でやめているとはいえ、ある程度の仕事はこなしてきているはずです。

仕事ができるということは、教える時間を少なくできます。

また、コスト削減にもつながりますよね。

だから、即戦力にもなると考えられます。

ビジネスマナー

入社すれば、ほとんどの会社で研修をしてもらえると思います。

研修では、あいさつの仕方、電話の取り方、敬語の使い方、名刺の渡し方・・・・

いろいろ学んで、仕事をする中でビジネスマナーを付けていけます。

ビジネスマナーが身についていることで、仕事を任せやすくなり、信頼度が高まります。

熱意ややる気

20代ということで、仕事に対する向き合い方や取り組み姿勢から熱意ややる気が伝わりやすくなります。

さらには、スキルアップするために転職することからもわかります。

熱意ややる気があることで成長することができるので、企業にも貢献することができます。

人事がみる判断ポイント

前述したように、第二新卒は転職に有利な要素が多くあります。

では、人事はどのようなポイントを見ていると思いますか?

人事は、あなたの人間性や即戦力、適材能力を総合的に判断して決めています。

即戦力をどうやって活かすことができるのか

即戦力があることを、一方的に言っても伝わりづらいでしょう。

なので仕事をするうえでどのように活かすことができて、どんな仕事に役に立てるのかアピールしなければいけません。

これまでの経験や実績を言えることが大切です。

長く続けてもらえるのか

第二新卒に、人事は一番懸念していることは「また辞めるのでは」ということです。

せっかく採用したのに、またすぐ辞めてしまったら、人材を探さなくてはいけませんよね。

そうなると余計に時間とコストがかかってしまいます。

転職する理由を踏まえたうえで、仕事に取り組む姿勢を伝えることが大切ですよ。

人間関係はうまくやっていけるのか

仕事ができるからといって、教えたことを無視して自分勝手にする人がいます。

これでは、連携が取れずにミスが起こりやすくなります。

職場の人とコミュニケーションを取って、協力することが仕事の効率化につながります。

なので、人間関係はうまくやっていけるのかということを見られています。

第二新卒は、転職に有利ですが人事に伝わらなければ落とされることはあります。

これまでの、経験や実績そして今後の目標をアピールできるように用意していくことが必要ですね。

第二新卒の退職理由は大事

第二新卒の転職できるが・・・

第二新卒とは、3年未満に辞めてしまった、25歳以下の人をいいます。

辞める時期が早すぎたと思う人もいますが、そんなことはありません。

短い経験の中で、どんな経験して実績を上げることができたのかということが大事です。

例えば、長年会社にいる人でも、経験や実績がなければ転職できないこともあります。

第二新卒は、経験が短いことでメリットもあります。

それは、仕事のやり方や固定概念が少ないことです。

転職しても、教えられたことを素直に聞くことができるので、職場の人とうまくやっていくことができます。

それから社会人と働いたので、ビジネスマナーも身に付いています。

仕事の向き合い方ややる気ということあるので、仕事を任せやすいことがあります。

このように、第二新卒は経験が短いですが、これまでの経験や実績が備わっています。

面接で、どのように活かすことができるのか、将来どうなっていきたいか目標があることで転職できます。

その一方で、辞めた理由を聞いてくる会社もあります。

退職理由のダメな事例

退職理由によって、「また辞めるのでは」と懸念されることがあります。

マイナスな辞め方を言ってしまうと、転職できないこともあります。

給料が合わなかった

経験を積んでいくと、会社で実績を上げることが増えてきます。

しかし、給料が上がらなかったケースもあります。

「お金の目当て転職したのか」と思われてしまいます。

人間関係が悪かった

仕事をするうえで、人間関係が悪くなってしまうと、連携が取れなくなりミスにつながってしまいます。

それは、性格が悪い・自己中心に考えてしまう・上から目線などがあります。

たとえ即戦力があったとしても、そんな人とは仕事を一緒にしたくないはずです。

残業が多かった

即戦力となれば、仕事がおのずと増えて残業が多くなることもあります。

それなのに、残業が多かったの理由でしてくれないと、雇うメリットがなくなります。

紹介したように、退職した理由がマイナスの理由となって、採用する価値にならないと転職が不利になります。

ポジティブにいえることが大事

第二新卒は、即戦力やビジネスマナー、仕事の向き合い方などアピールできることはあって、欲しい企業は多くあります。

だからこそ、退職したことがスキルアップにつながって、あんたにとっても企業にとってもお互いにプラスになるようにアピールする必要があります。

マイナスではなく、「企業の役に立つ」ようにプラスにいえることが大事なのです。

これが、第二新卒が転職するためのアピールポイントになるはずですよ。

第二新卒の採用基準を知りたい

第二新卒は、転職するチャンス

第二新卒は、就職したけど3年未満で辞めてしまった、25歳未満の人を指します。

「こんなに早く辞めてしまったけど、大丈夫かな?」と不安がある人も多いはずです。

石の上にも三年ということわざもあるように、一つの会社に3年以上はいないと、成長しないように思われています。

確かに、会社の大小にもよりますが3年くらいは働かないと、業務ができているといえないことはあります。

転職しても、結局のところ教えることが増えて、即戦力になっていないと思われます。

しかし、経験年数も大事ですが、どれだけのことをしたかということです。

全ての業務をしたからとして、浅いやるよりかは、一つ二つのことを深く細かくやっていくことが大事なのです。

後者のほうが、教えることもないので即戦力として働いていくことができます。

そのために、即戦力をどのように活かすことができるのかアピールできれば転職できるチャンスは高いのです。

第二新卒の採用基準

会社側は、即戦力を期待していますが、その中身を採用基準にしています。

大きく分けて3つあります。

働く意欲

第二新卒は、転職する目的がスキルアップするためという人が多いです。

だから、働く意欲があって、今よりもさらに実力をつけてたい気持ちは強いはずです。

そのような人は、会社側も貢献してもらえるので採用したいと思っています。

一緒に働いていける人材

まず、会社で働くうえで大切なことは、ビジネスマナーがあることです。

これが身に付いていることで、仕事に対する取り組み方や大切なことを理解出来てます。

だから、同じような目標で一緒に働いていくことができるんです。

人柄

なんぼ即戦力があるからと言っても一人で仕事することで、人間関係が悪くなってしまいます。

連携が取れなくなることで、ミスにもつながってしまうのです。

第二新卒の方は、経験が短いことで仕事に対するやり方や考え方が固まってないことがあります。

これは、教えたことにも素直に聞くことができて、職場の人とうまくやっていくことができます。

第二新卒の採用基準は、即戦力に期待されると思われがちですが、「働く意欲・一緒に働いていける人材・人柄」が大切になってきます。

つまり、職場でこれまでの経験や実績を活かすことができるかをアピールして伝えることができるかがポイントになってきます。

アピールすることで、第二新卒は転職活動できるチャンスが大いにあるといえるのですね。

コミュ障は就職できてもなじめないことが多い

コミュ障だと思ってしまう方は就職してもいと安心といかないことがあります。

おそらく就職活動も苦労を重ねて何とか就職できたと思います。

不採用になってもあきらなかったことが、あなたの地震にもなったんじゃないでしょうか?

就職してからもコミュニケーションは仕事をするうえで必要になるか苦労することになることがあります。

面接練習では、事前にどんなことを言おうか、質問の答え方を考えることができていました。

しかし、実際に働いていくとなるといつどんな会話をするかなど分かりませんよね。

急に話すこともありますからね。

自分だけがいくら技術が高くても、一人で仕事をすることでなく、協力しなければいけないのでなじむことができなくなります。

また、仕事のミスをするだけではなくて、人間関係もぎくしゃくしてしまい、会社に居づらくなってしまうのです。

だから、コミュ障だと思ってしまうかたは、就職できたとしても安心できないのです。

では、続けていくことができないかと言われるとそんなことはありません。

少しずつでもいいのでコミュニケーションを取る努力を見てもらうことが大切なのです。

挨拶について

挨拶は、会話する基本となります。

「挨拶なんかで変わらない」と思ってしまうかもしれません。

では、あなたから挨拶して気持ちがよく返ってきたことがありますか?

もし、無視されたりそっけない挨拶だったならあなたができていない可能性もあります。

挨拶をされたら嫌な人はいないからです。

大きな声であいさつをすれば、気持ちのいい挨拶が返ってくるはずなのでまずは実践してみましょう。

掃除について

挨拶がどうしても恥ずかしい、難しいのであれば行動で表してみましょう。

要するに、「仕事に対する熱意ややる気」はあることを見てもらうことが必要です。

ちょっとだけは早く出勤して社内の掃除や身の回りの整理整頓をしてみましょう。

そこから「○○君、頑張っているね。」と評価してもらえることもあります。

上司や先輩から声をかけてきてくれて、少しでも話すことができるかもしれません。

挨拶も掃除も会話するためのきっかけづくりを自分から作るということが大事なのです。

コミュ障だと思ってしまう方は、就職してからも会話ができないと連携が取れずに人間関係が築くことができずに、なじめないことが多いです。

ですが、挨拶や掃除など自分から会話するきっかけを作って続けていくことで、上司や先輩からも話しかけてもらえやすくなってなじむことができますよ。

参考サイト:就職してから職場でなじめない時にできるコミュ障なりの対策

第二新卒が使っている転職エージェントの評判

あなたは、転職エージェントを使っていますか?

第二新卒は、企業にとってもほしい人材です。

転職エージェントを使うことで、あなたのアピールや答え方が上手くなります。

今回は、転職エージェントの特徴や評判を紹介していきます。

せっかくの第二新卒を活かすべき

第二新卒の人の中には、3年未満で辞めてしまって転職できるか不安に思っている人もいます。

3年未満は短いと思ってしまう企業もあり、「また辞めるのでは」と警戒されることもあります。

しかし、実績や経験したことはあるはずです。

ビジネスマナーが身に付いていることで、仕事に対する向き合い方や考え方ができています。

経験が短いことで、やり方や執着心が固まっていないので、教えてことに聞けて順応できやすいなります。

つまり、第二新卒は転職先では即戦力に欠けるかもしれないけど、扱いやすい人材といえるのです。

面接では、これまでの経験を活かして、今後どのようになっていきたいかアピールしなければいけません。

不安な方には、せっかくの第二新卒を活かすためにも転職エージェントを使ってみることをオススメします。

転職エージェントの評判

転職エージェントは、一人一人のコンサルタントがついてサポートしてもらえます。

それぞれに評判があり、使いやすさに違いがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、90%が20代で、就職内定率80%以上、これまでの就職支援実績は6万人以上もいます。

コンサルタントの方に、カウンセリングしてもらってその人に合った対策ができることが評判になっています。

上場企業も多く用意されているので、スキルアップできる求人がきっと見つかると思います。

模擬面接では、不安があってもどんなことがアピールできるのか、答え方のコツなどアドバイスを受けながら練習を積み重ねることができます。

ジェイック

ジェイックは、10日間の就職支援講座を無料で受講できます。

ビジネスマナーや即戦力、コミュニケーションスキルなどが再確認して受けてみるといいですよ。

これまでに200回以上マスコミに取り上げられている、転職につながったことが評判になっています。

50000社以上の契約企業、3000社非公開求人があるのでピッタリの求人を探せますね。

ウズウズキャリアセンター

ウズウズキャリアセンターは、第二新卒に特化したサービスになっています。

コンサルタントの方も、第二新卒で同じ境遇なので、話しやすくて気持ちが分かってもらいやすいです。

一人あたりの面接対策に20時間以上、面接前には2時間の徹底サポートが評判になっています。

就職定着率は90%以上もあるので、転職してからのスキルアップがつながりますよ。

紹介した転職エージェントはそれぞれ特徴があって評判があります。

だから、第二新卒の経験を活かしてスキルアップにつながる求人を探すことができます。

さらには、面接対策でアピール方法や上手い答え方をアドバイスしてもらうことで転職がうまくいきますよ。

第二新卒ナビuzuzを使ってみた

あなたは、どうやって転職活動をしていますか?

第二新卒は、転職できますがそれは面接にかかってきます。

uzuzを使ってみることで、アピールが上手く転職できる可能性が高まります。

今回は、第二新卒に特化したサービスuzuzを使う理由や特徴に迫っていきます。

第二新卒は転職できるが不安もある

第二新卒は、就職はしたけど3年以内に辞めた人のことを言います。

経験は浅いとみてしまう企業もありますが、これくらいの経験であれが歓迎されることもあります。

また、会社に就職したということで、既卒と大きく違うのは社会人経験があるということが評価されます。

社会人経験は、ビジネスマナーのことで会社で仕事をしていくなかで身に付いていくことが多いです。

さらには、仕事に対する考え方や取り組み方がしっかり持っているので、転職してからもしっかり即戦力として期待されます。

一方で、3年以内に辞めたことで不信感を抱く企業もあることは事実です。

だからこと辞めた理由が転職するためのスキルアップにつながるように言えること。

もう一つが、経験がどのように活かすことができるのか、これからどんな仕事ん関わって生きたのか具体的にイメージできて言えるということが大切です。

面接官を、納得できれば第二新卒は転職はできるのですが、実はここに苦戦する人も結構います。

だからこそ、uzuzuという第二新卒ナビを使うことをオススメしたいのです。

uzuzは、第二新卒に特化したサービス

就職支援サービスは、様々あってそれぞれにいいところがあります。

ターゲット層が、既卒だったりフリーター、ニートと誰でも利用できます。

uzuzuに関しては、第二新卒の特化したサービスなのです。

なので求人やサポート体制も、第二新卒に合わせたものになっていて使いやすいですよ。

コンサルタントの人は、同世代の方ばかりだからこそ、話しやす一人一人に合わせたサポートができるのです。

10年の独自のノウハウでアドバイスするからこそ分かりやすいのです。

こちらの一番の良さは、一人あたりの面接時間が20時間もあるということです。

さらには、面接前には2時間に面接対策をしてから望むことができますよ。

これまでの経験をどのようにアピールすればいいのか、辞めたことがスキルアップにつながって伝わるように面接対策をバッチリですよ。

就職内定率が高いだけではなく、就職定着率も94.7%もあるので、長く働いていくことができます。

就職氏からのスキルアップが期待できますね。

第二新卒で、面接に自信がない方はuzuzを使って、転職活動をうまくやってみませんか?

第二新卒ナビの2chまとめ

あなたは、第二新卒ナビを使っていますか?

こちらのサービスは、第二新卒に特化していてサポートが充実しています。

2chからの評価も高く、アピールができるように徹底したサポートが受けられます。

今回は、第二新卒ナビを使うべき理由や評価されている特徴を紹介していきます。

第二新卒は転職できる

第二新卒は、社会人経験があるので企業が欲しいといってくれることが多いです。

それは、即戦力になることはもちろんのこと、働いている間にビジネスマナーが身に付いています。

これがあることで、仕事の対する考え方や向き合うこと方が理解できて、問題なく業務ができると思われます。

また、経験が浅いため仕事に対するやり方や執着心が出来上がってないことがあります。

転職先で教えてもらったことに素直に茎ことができて、職場の人とうまくやっていくことができます。

一方でデメリットにもなります。

すぐに辞めているので「採用しても続かない」とと思われることがあります。

ですので、採用をためらってしまう企業もあるかもしれません。

だからこそ面接でアピールにかかっています。

辞めたことがステップアップにつながること、経験がどのように活かすことができるのか、これからの目標は具体的にあるのかなどアピールすることが大事です。

面接官に伝わることで、第二新卒は転職できる可能性は高くなります。

とはいってもアピールできないと不採用になってしまうことがあります。

せっかくの第二新卒を無駄にしたくないですよね。

第二新卒ナビの2ch評価

2chでも評価されていますが、面接に自信をつけるには「第二新卒ナビ」を使うことをオススメです。

どのようなところが評価されているのでしょうか?

第二新卒に特化

第二新卒ナビは、第二新卒に特化したサービスです。

他にも転職支援サービスはありますが、既卒やフリータなどが利用できるので、必要ないサポートがあるかもしれません。

特化していることにより、第二新卒にスポットを当てることで効率の良いサービスが受けられるのです。

サポートが充実

コンサルタントが、同じように第二新卒で同世代だからこそ、話しやすくです。

一人一人に合わせた、サポートを一緒に考えてもらえることから充実しています。

さらには、遠方方にもサポートできるようにメールやSkpyeでのやり取りができるので、地方の方でもサポートできます。

面接対策が丁寧

第二新卒ナビは、他社とは面接対策の時間が違います。

一人当たり平均20時間、さらには面接前にも2時間の対策ができることで自信も持って挑むっことができますよ。

どのようにアピールすればいいのか、改善ポイントなど見直すことができます。

就職定着率が92%

就職してからも長く働いていけるように、企業情報や人間関係などしっかり教えてくれます。

なので就職定着率は92%と高い数値に合わられるのです。

さらには、就職してからも電話してきてくれて、相談に乗ってもらえるので、不安や悩みが解消できますよ。

紹介したように、2chでも評価の高い第二新卒ナビです。

面接に自信がないなと思えるあなたも、せっかくの第二新卒を無駄にしないようにサポートしてもらえるので使ってみてはどうでしょうか?

第二新卒って何?何歳までのことをいうの?

あなたは、第二新卒を理解できていますか?

理解せずに、転職活動すると失敗することがあります。

経験を実績そして、スキルアップができるようにアピールしていくことで有利になります。

今回は、第二新卒を理解して、詳しくアピール方法を紹介していきます。

第二新卒は何?

第二新卒って何とよくわかっていない人も多くいます。

あなたはどうですか?

新卒や既卒とは全く別のことを言います。

第二新卒は、一度は就職したけど1~3年以内に辞めてしまった人のことを指します。

年齢は25歳くらいまでのことを言うことが一般的ですが、20代を含めていうこともあります。

新卒や既卒と比べて、大きく違うことと言えば社会経験があるということです。

経験があることで、教えることがなくなります。

だから、教える時間とコストがかからなくて済むわけですね。

転職に有利

第二新卒だからといって、転職できるとできるとは一概に言えません。

即戦力になるといっても、3年くらいの経験では浅いといわれる会社もあります。

経験を積んで実績を作るためには、5年くらいの期間は必要だと考えていることもあります。

ですが、未経験よりは教える時間が少なくなるために転職が有利といえます。

また、会社のは長く居座っていなかったために良かったこともあります。

一つの会社にずっといると、自分なりの仕事のやり方や固定概念が染み付いてしまいます。

転職先では、会社のやり方があるのに、自分がやってきたやり方を通すことで、周りからいかがられることがあります。

そうなると、人間関係が悪くなって仕事の連携が取れないことで、ミスにつながってしまいます。

なので第二新卒のような、浅い経験のほうが良いという企業もあるのです。

経験が短くても、ビジネスマナーや礼儀は、社会経験をしたのであります。

仕事に対する熱意ややる気といったことは、年齢が20代ということで感じられます。

だから、職場になじみやすくて使い勝手が良いとなります。

しかし、経験が浅いので「また辞めるのでは」と懸念されることもあるのです。

第二新卒は、企業のよっては嫌がることもあることもあるけど、一般的に有利となります。

何ができるかが大切

前述で紹介したように、「また辞めるのでは」と懸念されることあります。

だから、辞めたことがスキルアップにつながようにアピールして説得してもらわなかればいけません。

そして、浅い経験ではありますが実績ややったことはあるはずです。

そのように活かしていけるのか、スキルアップにつなげていけのかもアピールしていく必要があります。

将来どうなりたいか目標があることで、伝わりやすくなりますよ。

アピールしていくことで、第二新卒が転職に有利といえるのです。

第二新卒ということを理解できて、転職活動していけばきっとうまくいくはずですよ。

第二新卒ナビを使ってみての評判まとめ

あなたは、転職活動に悩んでいませんか?

第二新卒は、面接で即戦力をアピールすることが重要です。

不安な方にオススメなのが、第二新卒ナビです。

今回は、第二新卒ナビが評価されている理由を紹介していきます。

第二新卒は、転職できる?

第二新卒は、就職してからの社会人経験は短いですが即戦力になります。

未経験だと教えていくための時間とコストがかかってしまいます。

その間は、会社にとっては役に立っていないので無駄になってしまいます。

今すぐ、即戦力として欲しい企業も多いのです。

第二新卒は、新卒と比べて若さはないものの、即戦力としてアピールすることができます。

そのためには、前職の経験がどのように活かすことができるのか、どんな仕事ができるのか言うことが大事です。

面接官には、「採用してみよう」と思ってもらえる人材でないとダメなのです。

さらには、長年同じ会社にいないことで、仕事のやり方や固定概念といったことが少ないんです。

就職しても、会社になじみやすくて人間関係をうまく築いていくことができます。

面接では、不採用になることもある

一方で、社会人経験が短いために「また辞めるのでは」と疑念を持たれてしまうこともよくあります。

即戦力と採用したのに、辞められたら会社は次の人材を探すことになります。

余計にコストがかかってしまうために、第二新卒を嫌がる担当者もいます。

ですので、辞めたことが次に活かすように言うことが大切なのです。

とはいっても、分かってもらえないことが多く不採用になることがあります。

辞めたことの言い方が難しいのです。

なんとか面接を乗り越えるためのオススメのサービスがあります。

第二新卒ナビは使ってみての評価

転職支援サービスの、「第二新卒ナビ」がオススメです。

第二新卒ナビは、転職コンサルタントの方にとことん面接対策をしてもらえます。

一人当たりの平均時間は24時間、さらには面接前には2時間の面接対策をしてもらえます。

どんなことをアピールしていけばいいのか、辞めた理由をどのように言えば次に活かすことができるのかアドバイスをしてもらえます。

既卒独自10年のノウハウからアドバイスをもらえので、面接を乗り越えて就職できたという評判が高いのです。

それは就職内定率83%、就職定着率92%と就職してから続けられることができますよ。

僕も、面接には自信がなかったけど、うまく言えるようにサポートをしっかりしてくれたました。

おかげで、何とか就職することができました。

せっかくの「第二新卒」を無駄にせずにスキルアップができたという評価も多いので、あなたも使ってみてはいかかでしょうか?

第二新卒にオススメの転職エージェントまとめ

あなたは、就活に困ってはいませんか?

第二新卒でも、アピールできなけれが不採用になることもあります。

だから、効率よく就活するために、転職エージェントをオススメします。

今回は、オススメの転職エージェントを紹介していきます。

一人で就活すると難しいことがある

就職活動は、一人でやるものだって思っている人も多くいます。

しかし、履歴書や職務経歴書、面接対策などやることはたくさんある・・・

いくら第二新卒だからといっても、面接アピールできなければ不採用になることはあります。

それで不採用になる回数が増えて、気付けば30代になっていたこともよく聞きます。

30代になると、即戦力のことや教えることができないとなって、就職が難しくなります。

だからこそ、就活が上手くいかない人には転職エージェントをオススメします。

20代にオススメの転職エージェント

転職エージェントは20代の方に特化したサービスです。

正社員で就職できるように、就職相談から職探し、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまでサポートしてもらえます。

いくつかあって、それぞれに特徴があるので紹介しておきます。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、利用者の9割が20代で、3人に2人がフリーターや既卒、正社員未経験者の方です。

一人一人に応じた徹底したサポートをしてくれことが特徴で、就職内定率80%、これまでの就職支援実績は6万もいます。

だから、あなたにあわせた練習を取り入れてもらえることで、苦手を少しずつ克服して就職へと導いてくれます。

模擬面接をやってもらえることで、受け答えが上手くなっていくのでバッチリ対策ができますよ。

転職エージェント言ったら「ハタラクティブ」というくらい登録しておいて間違いないサービスです。

ジェイック

ジェイックは10日間の就職支援講座があるので、ビジネスマナーや即戦力、コミュニケーションスキルが身に付きます。

メディアにも200回以上取り上げられるほど、注目の転職エージェントです。

それは契約企業5万社以上、非公開求人3千社以上からわかると思います。

しっかり研修を積んでから就職するからこそ、就職内定率80%、就職定着率90%と高い数字に表れるのです。

ウズウズキャリアセンター

ウズウズキャリアセンターは、なんといっても面接対策にかける時間が他社と比べて断トツで長いのです。

一人当たり平均24時間、さらには面接前には2時間と徹底してます。

既卒専門の10年の独自のノウハウがあるからこそ、十分すぎる対策をして面接に臨むことができます。

だから、就職内定率も83%、就職定着率も92%と文句なしといえますね。

転職エージェントは、紹介したようにそれぞれに特徴があって、どれがいいとは断言することはできません。

全てのサービスが無料ですので、あなたに合ったサービスを使ってみることをオススメします。

第二新卒の採用時期はいつがベストなの?

あなたは、時期を気にして就活していますか?

忙しい時期に、就活すると不採用になる可能性があります。

今回は、第二新卒のベストな採用時期を具体的に紹介していきます。

第二新卒の採用時期のベストはいつ?

第二新卒は、働きだして3年未満の25~29歳の方を言います。

就職は即戦量になれば、それだけ会社も教える人件費が抑えれるメリットがあります。

だから未経験者よりも、経験者である人材を取りたいのです。

第二新卒は、経験が浅いと思われるかもしれませんが、一応は「経験者」扱いされます。

では、就職はいつでもできるのかということになります。

第二新卒の場合は、経験者といっても面接で、どんな仕事ができるのか、今後どんなポジションにつかしたらいいのか話を着てきないと分かりません。

例えば、前職よりもレベルが高い企業も受けていた場合は、教えてもらうことが多くなるかもしれません。

そうなると、仕事が忙しい時だと、せっかく就職できる場合でもお断りされることもあります。

どんな仕事でも、一年を通して忙しい時期と比較的仕事も一段落している時があります。

その目安となるのが、決算の時期です。

決算に合わせて仕事を追い込んで仕事をしている企業多いのです。

だから、決算時期に面接に行くと、書類選考でダメだったり面接時間を少しの間で話して、不採用になるケースもあります。

また、紹介したように教える時間が確保できないことも考えられます。

決算時期は企業によって異なりますが、3月という企業が多いようです。

つまり、1、2月は追い詰めて仕事をしている場合が多いので就職時期を避けたほうがいいですね。

3月になると落ちついてきます。

したがって、第二新卒の採用時期は3月とということになります。

また、4月からは新卒が入ってくるので、同時に教えられることにもなります。

だから、人件費も抑えることができるのです。

決算を3月にしているならば、4~9月を上半期、10~3月をしています。

だから、10月に入るタイミングで人事異動をする場合が多く、10月に就活することもオススメです。

まとめ

  1. 第二新卒の、ベストな採用時期は3月、次に10月ということ
  2. 1、2月は決算時期のために追い込んで仕事をすくために、避けるべき
  3. 面接に時間が取れずに、話ができないままに不採用になるケースだってある
  4. せっかくあなたに、就職できる能力があるのにもったいない

第二新卒の知ってもらいたい採用基準

第二新卒は、就職に有利になることが多いです。

しかし、アピールできなければ不採用になることもあります。

今回は、第二新卒の見られ方や採用基準に迫っていきます。

第二新卒は、どうみられる?

第二新卒は、職歴でいうと3~4年あり、25~29歳くらいまでの人をいいます。

それは、社会人経験が長くもないけど、何とか即戦力になれる人材であることを意味しています。

会社は、一つの判断するポイントに即戦力になれるかどうかということを重視しています。

それは、教えることが少なくてすんで、仕事ができるということだからです。

そうすると会社としては、教えるためのコストが削減できることになります。

だから、第二新卒は即戦力として見られているのです。

では、具体的に何を採用基準にしているのでしょうか?

第二新卒の採用基準は?

紹介した即戦力をどのようなところから見ているのでしょうか?

具体的に紹介していきます。

ビジネスマナー

社会人経験が多少なりともあるので、ビジネスマナーがついています。

ビジネスマナーは、仕事をするうえで挨拶や気配り、敬語の使い方だったりあります。

これらは、就職する前と後からでは、身に付き方に違いが表れてきます。

ビジネスマナーがあることで、問題なく仕事がやれると思われます。

また、言われたことを素直に聞き入れたり、自分の意見を言えることができるのです。

もし、素直に聞き入れずに自分のやり方をすると、ミスにつながる可能性も出てきます。

上司や先輩と険悪なムードになり、人間関係が崩れることにもなりかねます。

そうならないためにも、ビジネスマナーが必要になるのです。

働く意欲が感じやすい

仕事をするうえでやる気や熱意といったことが大切です。

これらがあることで働く意欲が感じやすいことになります。

仕事で分からないことが出てきたときに、嫌になってすぐ辞めてしまうことも多くなります。

しかし、第二新卒の方は社会人経験を積んで、仕事に対する考え方やとらえ方を身に付けています。

意欲があることで、わからないことも乗り越えてさらには自分のスキルアップすることにもつながります。

仕事が円滑に回るようになるので、結果的に職場の雰囲気や人間関係が良好になることにもなっていきます。

即戦力

会社は、少しでも即戦力の人材が少しでもほしいのです。

それは、紹介したように教えることが少なくなるために、コストの軽減にもなるからです。

第二新卒は、まだ一人前とは呼べないかも知れません。

しかし、未経験と比べればかなりの実力差があるので就職に有利となります。

第二新卒の採用基準は、ビジネスマナー・働く意欲が感じやすい・即戦力になれる見られています。

面接は、しっかりアピールできるように練習を組み重ねていくことが大切です。

第二新卒が転職の成功率をアップする方法

あなたは、第二新卒だから就職できると思っていませんか?

確かに有利にはなるのですが、アピールができなければ不採用になることもあります。

でも、アピール方法を理解して練習を積み重ねていけば就職することはできます。

今回は、第二新卒が就職するために理解するべきことや対策法に迫ります。

第二新卒は就職に有利

第二新卒は、職歴が3~4年くらいあって、年齢が25歳~29歳くらいまでのことを言います。

サイトによっても多少の言い方に違いはあると思いますが、一応は職歴があり20歳に人といったことです。

会社は、未経験の人よりも、少しでも即戦力になってくれる人を取りたがります。

それは、教えなくてもいいからです。

教えるとなったら、上司や先輩の働く時間を使うことで人件費がかかってしまいます。

その間、会社にとっては無駄な労力と時間いなるからこそ、即戦力の人材がいいのです。

第二新卒は、一人前に仕事ができるとは言えないかもしれませんが、教えても仕事ができますよね。

だから、就職に有利になるのです。

では、転職がすぐできるとはいかないかもしれません。

それは、書類選考や面接といったことがあるからです。

書類選考は、職歴や自己アピールなど考えて書けるので、比較的通るかもしれません。

問題は面接です・・・

面接では、あなたの実績をどのようにアピールできるかポイントになります。

面接官は、当然あなたの実績や職歴を知りません。

だから、分かるように話していかないと、面接で不採用になる可能性だってあるのです。

では、どのようにアピールすればいいのでしょうか?

成功率をアップする方法

あなたが就職して、どのように活躍できるかが、面接にわかってもらうことが必要です。

それには、前職で行ってきた業務や、実績などをしっかり伝えられるかどうかですね。

実績があることは非常にアピールするうえで、わかりやすいかもしれません。

例えば、プロジェクトに携わったこと、新たな仕事に取り組んだことなどです。

実績を踏まえて、どのように活かすことができるのかアピールしましょう。

また、就職してからどのような仕事に取り組んで行きたいか、どのように成長していきたいか伝えることも大切です

そうすることで、面接官もあなたを採用してどんな仕事についてもらえるのかイメージしやすくなります。

つまり、あなたもアピールして、面接官も就職してからのことがイメージできるようになることが就職成功率をアップさせることになるのです。

面接に自信がなければ、練習を積み重ねることが一番です。

そんな時は、就職支援サービスを使うことがオススメです。

就職支援サービスがオススメ

就職支援サービスは、一人一人に合わせて就職支援アドバイザーが就職できるようにサポートしてくれます。

職探しから、面接対策、就職後のフォローまでありますよ。

面接対策では、模擬面接をしてもらって、どのようにアピールすればいいのか、伝え方のコツなどを丁寧に教えてもらえます。

しっかり「第二新卒」ということを活かしたアピールができるようになるので、就職成功率がアップしますよ。

第二新卒っていつまでのことを言うの?

あなたは、第二新卒はいつまでのことを言うかご存知ですか?

就職するために、求められることがあります。

今回は、第二新卒の定義や求められることを紹介していきます。

第二新卒とは、いつまでのことを言うの?

第二新卒は、就職して社会人経験を積んで、年齢が25~29歳までのことを言います。

実は、明確な線引きはなく大体このくらいと企業も見ています。

さらには、今の会社では3年以内で辞めてしまう人が約3割もいるのです。

そのために、経験者がいないことが人材不足となっているのです。

会社は、若ければ未経験でも育てていって即戦力になってくれる人材へと育てるので、新卒採用を大量に行います。

しかし、せっかく育て上げたのに、そこで辞められたら何のために育てたのか無駄になってしまいます。

年を重ねてからの採用は、難しくなります。

ですが、第二新卒は社会人経験を積んでいるということで、採用されやすくなります。

第二新卒に求めていること

社会人経験を積んでいるということは、第二新卒に企業が求めることがあります。

即戦力

会社を3年以内に辞めていた場合、会社が求める即戦力ではないかもしれないけど、未経験から教える方と比べて明らかに違いがあります。

それは、「教えなくても仕事ができる」ということです。

会社は、教えるとなったらそれだけ上司や先輩の時間を取るので、人件費のコストを少しでも抑えることができることが、最大のメリットです。

ビジネスマナー

社会人をしていくうえで、即戦力はもちろん必要ですが、礼儀や仕事をしていく姿勢などのビジネスマナーなども大事です。

これは、職場で仕事をしてみないと身に付かないことも多く、2~3年でも経験があれば十分です。

「仕事ができる」と思われて採用される可能性が高まります。

紹介した「即戦力」「ビジネスマナー」があるということでされやすくなるのです。

それは、将来性が期待されるということでもあるのです。

第二新卒には、弱点もある

 

前職を長く働いたとは言えずに、面接官には「また辞めて」しまうかもと思われることもあります。

そうすると、企業としてはせっかく採用したのにまた次の人を探す必要が出てきます。

辞めたことが明確であること、スキルアップにつながっていける理由になっているか考えておきましょう。

それには、就職して何をやっていきたいのか、どうなっていきたいかイメージしておくことが大切です。

面接では就職したい「熱意や意欲」「職場に合うことができる」ことをアピールする必要があります。

まとめ

第二新卒は、社会人経験があっておおよそ25歳~29歳までのことを言う

第二新卒に求めることは、即戦力とビジネスマナーである

一方で、また辞めてしまうじゃないかという懸念を持たれる

面接では、「熱意や意欲」「職場に合うことができる」ことをアピールする