第二新卒が転職の成功率をアップする方法

あなたは、第二新卒だから就職できると思っていませんか?

確かに有利にはなるのですが、アピールができなければ不採用になることもあります。

でも、アピール方法を理解して練習を積み重ねていけば就職することはできます。

今回は、第二新卒が就職するために理解するべきことや対策法に迫ります。

第二新卒は就職に有利

第二新卒は、職歴が3~4年くらいあって、年齢が25歳~29歳くらいまでのことを言います。

サイトによっても多少の言い方に違いはあると思いますが、一応は職歴があり20歳に人といったことです。

会社は、未経験の人よりも、少しでも即戦力になってくれる人を取りたがります。

それは、教えなくてもいいからです。

教えるとなったら、上司や先輩の働く時間を使うことで人件費がかかってしまいます。

その間、会社にとっては無駄な労力と時間いなるからこそ、即戦力の人材がいいのです。

第二新卒は、一人前に仕事ができるとは言えないかもしれませんが、教えても仕事ができますよね。

だから、就職に有利になるのです。

では、転職がすぐできるとはいかないかもしれません。

それは、書類選考や面接といったことがあるからです。

書類選考は、職歴や自己アピールなど考えて書けるので、比較的通るかもしれません。

問題は面接です・・・

面接では、あなたの実績をどのようにアピールできるかポイントになります。

面接官は、当然あなたの実績や職歴を知りません。

だから、分かるように話していかないと、面接で不採用になる可能性だってあるのです。

では、どのようにアピールすればいいのでしょうか?

成功率をアップする方法

あなたが就職して、どのように活躍できるかが、面接にわかってもらうことが必要です。

それには、前職で行ってきた業務や、実績などをしっかり伝えられるかどうかですね。

実績があることは非常にアピールするうえで、わかりやすいかもしれません。

例えば、プロジェクトに携わったこと、新たな仕事に取り組んだことなどです。

実績を踏まえて、どのように活かすことができるのかアピールしましょう。

また、就職してからどのような仕事に取り組んで行きたいか、どのように成長していきたいか伝えることも大切です

そうすることで、面接官もあなたを採用してどんな仕事についてもらえるのかイメージしやすくなります。

つまり、あなたもアピールして、面接官も就職してからのことがイメージできるようになることが就職成功率をアップさせることになるのです。

面接に自信がなければ、練習を積み重ねることが一番です。

そんな時は、就職支援サービスを使うことがオススメです。

就職支援サービスがオススメ

就職支援サービスは、一人一人に合わせて就職支援アドバイザーが就職できるようにサポートしてくれます。

職探しから、面接対策、就職後のフォローまでありますよ。

面接対策では、模擬面接をしてもらって、どのようにアピールすればいいのか、伝え方のコツなどを丁寧に教えてもらえます。

しっかり「第二新卒」ということを活かしたアピールができるようになるので、就職成功率がアップしますよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu