第二新卒っていつまでのことを言うの?

あなたは、第二新卒はいつまでのことを言うかご存知ですか?

就職するために、求められることがあります。

今回は、第二新卒の定義や求められることを紹介していきます。

第二新卒とは、いつまでのことを言うの?

第二新卒は、就職して社会人経験を積んで、年齢が25~29歳までのことを言います。

実は、明確な線引きはなく大体このくらいと企業も見ています。

さらには、今の会社では3年以内で辞めてしまう人が約3割もいるのです。

そのために、経験者がいないことが人材不足となっているのです。

会社は、若ければ未経験でも育てていって即戦力になってくれる人材へと育てるので、新卒採用を大量に行います。

しかし、せっかく育て上げたのに、そこで辞められたら何のために育てたのか無駄になってしまいます。

年を重ねてからの採用は、難しくなります。

ですが、第二新卒は社会人経験を積んでいるということで、採用されやすくなります。

第二新卒に求めていること

社会人経験を積んでいるということは、第二新卒に企業が求めることがあります。

即戦力

会社を3年以内に辞めていた場合、会社が求める即戦力ではないかもしれないけど、未経験から教える方と比べて明らかに違いがあります。

それは、「教えなくても仕事ができる」ということです。

会社は、教えるとなったらそれだけ上司や先輩の時間を取るので、人件費のコストを少しでも抑えることができることが、最大のメリットです。

ビジネスマナー

社会人をしていくうえで、即戦力はもちろん必要ですが、礼儀や仕事をしていく姿勢などのビジネスマナーなども大事です。

これは、職場で仕事をしてみないと身に付かないことも多く、2~3年でも経験があれば十分です。

「仕事ができる」と思われて採用される可能性が高まります。

紹介した「即戦力」「ビジネスマナー」があるということでされやすくなるのです。

それは、将来性が期待されるということでもあるのです。

第二新卒には、弱点もある

 

前職を長く働いたとは言えずに、面接官には「また辞めて」しまうかもと思われることもあります。

そうすると、企業としてはせっかく採用したのにまた次の人を探す必要が出てきます。

辞めたことが明確であること、スキルアップにつながっていける理由になっているか考えておきましょう。

それには、就職して何をやっていきたいのか、どうなっていきたいかイメージしておくことが大切です。

面接では就職したい「熱意や意欲」「職場に合うことができる」ことをアピールする必要があります。

まとめ

第二新卒は、社会人経験があっておおよそ25歳~29歳までのことを言う

第二新卒に求めることは、即戦力とビジネスマナーである

一方で、また辞めてしまうじゃないかという懸念を持たれる

面接では、「熱意や意欲」「職場に合うことができる」ことをアピールする

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu