人事が見る第二新卒とは?

第二新卒は転職できる要素が多い

第二新卒は、企業にとっては採用しやすい状況といえます。

それは、有利なことが多いからです。

即戦力

3年未満でやめているとはいえ、ある程度の仕事はこなしてきているはずです。

仕事ができるということは、教える時間を少なくできます。

また、コスト削減にもつながりますよね。

だから、即戦力にもなると考えられます。

ビジネスマナー

入社すれば、ほとんどの会社で研修をしてもらえると思います。

研修では、あいさつの仕方、電話の取り方、敬語の使い方、名刺の渡し方・・・・

いろいろ学んで、仕事をする中でビジネスマナーを付けていけます。

ビジネスマナーが身についていることで、仕事を任せやすくなり、信頼度が高まります。

熱意ややる気

20代ということで、仕事に対する向き合い方や取り組み姿勢から熱意ややる気が伝わりやすくなります。

さらには、スキルアップするために転職することからもわかります。

熱意ややる気があることで成長することができるので、企業にも貢献することができます。

人事がみる判断ポイント

前述したように、第二新卒は転職に有利な要素が多くあります。

では、人事はどのようなポイントを見ていると思いますか?

人事は、あなたの人間性や即戦力、適材能力を総合的に判断して決めています。

即戦力をどうやって活かすことができるのか

即戦力があることを、一方的に言っても伝わりづらいでしょう。

なので仕事をするうえでどのように活かすことができて、どんな仕事に役に立てるのかアピールしなければいけません。

これまでの経験や実績を言えることが大切です。

長く続けてもらえるのか

第二新卒に、人事は一番懸念していることは「また辞めるのでは」ということです。

せっかく採用したのに、またすぐ辞めてしまったら、人材を探さなくてはいけませんよね。

そうなると余計に時間とコストがかかってしまいます。

転職する理由を踏まえたうえで、仕事に取り組む姿勢を伝えることが大切ですよ。

人間関係はうまくやっていけるのか

仕事ができるからといって、教えたことを無視して自分勝手にする人がいます。

これでは、連携が取れずにミスが起こりやすくなります。

職場の人とコミュニケーションを取って、協力することが仕事の効率化につながります。

なので、人間関係はうまくやっていけるのかということを見られています。

第二新卒は、転職に有利ですが人事に伝わらなければ落とされることはあります。

これまでの、経験や実績そして今後の目標をアピールできるように用意していくことが必要ですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu