第二新卒でも四年目であれが有利

四年目の第二新卒に入る?

第二新卒は、3年未満に会社を辞めてしまった、25歳以下のことをいいます。

ですが、厳密な決まりはなく四年目であっても第二新卒と言ったりもします。

新卒でもないし、経験を積んでいるから既卒とも言えなく、言い方としては第二新卒という言葉がしっくりきます。

第二新卒のメリットは多い

経験がある

既卒との大きな違いは、経験が扱ないかです。

経験があることで、教える時間やコストを削減することができて仕事をやってもらえます。

企業によっては、人手不足で教える時間がないとこともあり不採用になってしまいます。

その心配がなくて、企業のために始めから役に立つことができますね。

ビジネスマナーがある

入社からビジネスマナーの研修をしてから、実務へと移る場合が多いです。

ですが、第二新卒はビジネスマナーがあることから仕事をやってもらえることができます。

また、仕事に対する取り組み方ができていることにもつながります。

熱意ややる気を感じる

20代ということで、熱意ややる気を感じることができます。

仕事では、その気持ちがあることでモチベーションになって成長することができます。

また企業にも貢献することができます。

使いやすい

同じ会社に長くいれば、仕事に対する考え方や固定概念ができてしまいます。

ですが、第二新卒はあまりないために扱いやすくなります。

教えたことにも素直に聞き入れて、職場の上司や先輩あるいは後輩とも人間関係を築いていくことができます。

連携が取れて、ミスが起こりにくくなるのです。

就職して三年目と四年目の違い

第二新卒のメリットも紹介してきましたが、一つ引っかかってしまうことがあります。

それが、また短期間でやめるのではないか」ということがあります。

第二新卒三年目まではそうやって思われてしまうことがあるんです。

ですが、四年目なると辞める心配をされづらくなります。

つまり第二新卒のデメリットであることがないことになります。

だから、第二新卒の四年目であれば、特に心配することがなく転職が有利になるといえます。

もちろん普通に自力で就職を目指すのではなく、転職エージェントを利用した方が有利ですよ。

面接では、これまでの経験や実績などをアピールすることが大切です。

もし自信がなければ、一人で抱え込まずに就職支援サービスを使ってみましょう。

面接で、うまく伝えきれてないことが多いです。

コンサルタントにアドバイスをもらうことで、あなたのアピールポイントを引き出せるようになりますよ。

何回も練習を積み重ねていくことで就職することができますよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu