第二新卒だったらuターンできる

uターンとは

uターンとは、都会から田舎に戻り就職することです。

第二新卒の中には、地元に帰って転職したいの思う方もいるでしょう。

転職するために都会から地元に帰ることをuターン転職といいます。

地元で就職できなかったけど、経験を積んだので地元でも転職できると言えます。

uターンする理由は、人それぞれです。

親の介護や面倒をみないといけなくなった人、地元が好きな人、結婚や子供が生まれたので戻った人などがいます。

これまで地元で就職できなかった人も、第二新卒の方も転職できる可能性は高いといえます。

地元で就職活動ができなかったことは、未経験だったからです。

未経験だと一から教えていかねければならず、その時間とコストからとらない企業もあるのです。

ですが、第二新卒だとすべての業務はできなくても、ある程度の仕事はできますよね。

だから、即戦力として始めから働いてもらうことができるのです。

またビジネスマナーがあることで、仕事の向き合い方や取り組み方を身につけているから教えなくもいいのです。

20代ということと、転職する意識の強さから熱意ややる気が伝わってきやすくなって将来性を期待されます。

第二新卒がuターン転職するために

即戦力があることを、面接官にわかってもらわらければ意味がありません。

転職するために必要なことがあります。

転職する理由は

まずは、何のために転職するか理解できているかどうかです。

もちろんスキルアップのためということはあると思います。

しかし、「ただ地元で転職すたかったから」という理由では、即戦力を期待されないから転職は難しくなります。

転職してら終わりではなくて、どんな仕事に関わっていきたいのか、どんなことをしていきたいか具体的にイメージできていることで企業も採用したいと思えます。

転職して何ができるのか

面接でこれまでの経験や実績をアピールしなければいけません。

面接官は、あなたのことを知らないわけで、何ができるのかわかりません。

だからこそ、転職して何ができるのかピールすることが大切です。

転職支援サービスを使うこともあり

前述したようなことをアピールできる、uターン転職できる可能性は高くなります。

アピールに自信がない人は、転職コンサルタントに面接対策をしてもらったほうが自信が持てますよ。

コンサルタントは、これまで多くの方の転職支援をサポートしてきているので、アドバイスを聞いてアピールできるようになれば転職できるはずですよ。

uターン転職に不安であれば、転職支援サービスに登録して相談してみてはいかがでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu