第二新卒の退職理由は大事

第二新卒の転職できるが・・・

第二新卒とは、3年未満に辞めてしまった、25歳以下の人をいいます。

辞める時期が早すぎたと思う人もいますが、そんなことはありません。

短い経験の中で、どんな経験して実績を上げることができたのかということが大事です。

例えば、長年会社にいる人でも、経験や実績がなければ転職できないこともあります。

第二新卒は、経験が短いことでメリットもあります。

それは、仕事のやり方や固定概念が少ないことです。

転職しても、教えられたことを素直に聞くことができるので、職場の人とうまくやっていくことができます。

それから社会人と働いたので、ビジネスマナーも身に付いています。

仕事の向き合い方ややる気ということあるので、仕事を任せやすいことがあります。

このように、第二新卒は経験が短いですが、これまでの経験や実績が備わっています。

面接で、どのように活かすことができるのか、将来どうなっていきたいか目標があることで転職できます。

その一方で、辞めた理由を聞いてくる会社もあります。

退職理由のダメな事例

退職理由によって、「また辞めるのでは」と懸念されることがあります。

マイナスな辞め方を言ってしまうと、転職できないこともあります。

給料が合わなかった

経験を積んでいくと、会社で実績を上げることが増えてきます。

しかし、給料が上がらなかったケースもあります。

「お金の目当て転職したのか」と思われてしまいます。

人間関係が悪かった

仕事をするうえで、人間関係が悪くなってしまうと、連携が取れなくなりミスにつながってしまいます。

それは、性格が悪い・自己中心に考えてしまう・上から目線などがあります。

たとえ即戦力があったとしても、そんな人とは仕事を一緒にしたくないはずです。

残業が多かった

即戦力となれば、仕事がおのずと増えて残業が多くなることもあります。

それなのに、残業が多かったの理由でしてくれないと、雇うメリットがなくなります。

紹介したように、退職した理由がマイナスの理由となって、採用する価値にならないと転職が不利になります。

ポジティブにいえることが大事

第二新卒は、即戦力やビジネスマナー、仕事の向き合い方などアピールできることはあって、欲しい企業は多くあります。

だからこそ、退職したことがスキルアップにつながって、あんたにとっても企業にとってもお互いにプラスになるようにアピールする必要があります。

マイナスではなく、「企業の役に立つ」ようにプラスにいえることが大事なのです。

これが、第二新卒が転職するためのアピールポイントになるはずですよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu