第二新卒が就活するために知っておくべきこと

第二新卒は有利な立場である

第二新卒は、3年未満でやめてしまって就活に不安が多い人もいるでしょう。

「本当に転職できるのかな」「転職できないでフリーター生活になってしまうのでは」と考えてしまいます。

第二新卒でも、面接官に良さをわかってもらえないで空白期間が長くなってしまうこともあります。

空白期間とは、履歴書の職歴が書けずにいわば職がない期間のことです。

このようなケースもあるので、不安であれば働きながら休みの日や有給を使って転職活動すればいいですね。

まあ、時間はかかってしまいますけど安心はありますね。

実際、不安よりも楽観的に考えてもいいと思います。

即戦力

経験が浅いと思われてしまうことはあります。

ですが、未経験に比べると明らかに教える時間とコストを削減することができるはずです。

会社は、少しでも即戦力になってもらえるほうことが多いです。

ビジネスマナー

ビジネスマナーがあることで、研修も行う必要がないです。

さらには仕事に対する向き合い方ややり方を理解できています。

なので仕事を安心して任せことができます。

将来性

20代の若い年齢なので、仕事の覚えは早いです。

さらには、熱意ややる気が伝わりやすいので、分からないことがあってもなんとか解決しようとします。

なので成長をしますし、企業も貢献してもらえるからありがたいのです。

注意するべきこと

あなたも心配しているかもしれませんが、3年未満でやめていることろが引っ掛かる企業もあります。

採用してもまたすぐに辞めるのでは思われてしまいます。

マイナスな言い方にならないように、注意するべきことです。

ですので転職することが、マイナスではなくプラスになるような言い方をしないといけません。

スキルアップのための方も多いと思いますが、これまでの経験や実績を活かすことができるようにアピールすることで大事なのです。

効率の良い就活をするのなら

早く辞めたことも、プラスのいい方ができれば問題ないです。

そしてこれまでの経験や実績を活かして、これからどんな仕事をしていきたいのか、何ができるのかアピールすることで就活がうまくいきます。

不安であれば、一人で就活するのではなくて転職コンサルタントに相談することでアピール方法や質問の答え方などアドバイスをもらうことができます。

転職支援サービスに登録することで、コンサルタントに無料でアドバイスを受けることができますよ。

せっかく経験や実績を無駄にしないためにも、効率の良い就活をすることがお勧めですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu