第二新卒の知ってもらいたい採用基準

第二新卒は、就職に有利になることが多いです。

しかし、アピールできなければ不採用になることもあります。

今回は、第二新卒の見られ方や採用基準に迫っていきます。

第二新卒は、どうみられる?

第二新卒は、職歴でいうと3~4年あり、25~29歳くらいまでの人をいいます。

それは、社会人経験が長くもないけど、何とか即戦力になれる人材であることを意味しています。

会社は、一つの判断するポイントに即戦力になれるかどうかということを重視しています。

それは、教えることが少なくてすんで、仕事ができるということだからです。

そうすると会社としては、教えるためのコストが削減できることになります。

だから、第二新卒は即戦力として見られているのです。

では、具体的に何を採用基準にしているのでしょうか?

第二新卒の採用基準は?

紹介した即戦力をどのようなところから見ているのでしょうか?

具体的に紹介していきます。

ビジネスマナー

社会人経験が多少なりともあるので、ビジネスマナーがついています。

ビジネスマナーは、仕事をするうえで挨拶や気配り、敬語の使い方だったりあります。

これらは、就職する前と後からでは、身に付き方に違いが表れてきます。

ビジネスマナーがあることで、問題なく仕事がやれると思われます。

また、言われたことを素直に聞き入れたり、自分の意見を言えることができるのです。

もし、素直に聞き入れずに自分のやり方をすると、ミスにつながる可能性も出てきます。

上司や先輩と険悪なムードになり、人間関係が崩れることにもなりかねます。

そうならないためにも、ビジネスマナーが必要になるのです。

働く意欲が感じやすい

仕事をするうえでやる気や熱意といったことが大切です。

これらがあることで働く意欲が感じやすいことになります。

仕事で分からないことが出てきたときに、嫌になってすぐ辞めてしまうことも多くなります。

しかし、第二新卒の方は社会人経験を積んで、仕事に対する考え方やとらえ方を身に付けています。

意欲があることで、わからないことも乗り越えてさらには自分のスキルアップすることにもつながります。

仕事が円滑に回るようになるので、結果的に職場の雰囲気や人間関係が良好になることにもなっていきます。

即戦力

会社は、少しでも即戦力の人材が少しでもほしいのです。

それは、紹介したように教えることが少なくなるために、コストの軽減にもなるからです。

第二新卒は、まだ一人前とは呼べないかも知れません。

しかし、未経験と比べればかなりの実力差があるので就職に有利となります。

第二新卒の採用基準は、ビジネスマナー・働く意欲が感じやすい・即戦力になれる見られています。

面接は、しっかりアピールできるように練習を組み重ねていくことが大切です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu