第二新卒って何?何歳までのことをいうの?

あなたは、第二新卒を理解できていますか?

理解せずに、転職活動すると失敗することがあります。

経験を実績そして、スキルアップができるようにアピールしていくことで有利になります。

今回は、第二新卒を理解して、詳しくアピール方法を紹介していきます。

第二新卒は何?

第二新卒って何とよくわかっていない人も多くいます。

あなたはどうですか?

新卒や既卒とは全く別のことを言います。

第二新卒は、一度は就職したけど1~3年以内に辞めてしまった人のことを指します。

年齢は25歳くらいまでのことを言うことが一般的ですが、20代を含めていうこともあります。

新卒や既卒と比べて、大きく違うことと言えば社会経験があるということです。

経験があることで、教えることがなくなります。

だから、教える時間とコストがかからなくて済むわけですね。

転職に有利

第二新卒だからといって、転職できるとできるとは一概に言えません。

即戦力になるといっても、3年くらいの経験では浅いといわれる会社もあります。

経験を積んで実績を作るためには、5年くらいの期間は必要だと考えていることもあります。

ですが、未経験よりは教える時間が少なくなるために転職が有利といえます。

また、会社のは長く居座っていなかったために良かったこともあります。

一つの会社にずっといると、自分なりの仕事のやり方や固定概念が染み付いてしまいます。

転職先では、会社のやり方があるのに、自分がやってきたやり方を通すことで、周りからいかがられることがあります。

そうなると、人間関係が悪くなって仕事の連携が取れないことで、ミスにつながってしまいます。

なので第二新卒のような、浅い経験のほうが良いという企業もあるのです。

経験が短くても、ビジネスマナーや礼儀は、社会経験をしたのであります。

仕事に対する熱意ややる気といったことは、年齢が20代ということで感じられます。

だから、職場になじみやすくて使い勝手が良いとなります。

しかし、経験が浅いので「また辞めるのでは」と懸念されることもあるのです。

第二新卒は、企業のよっては嫌がることもあることもあるけど、一般的に有利となります。

何ができるかが大切

前述で紹介したように、「また辞めるのでは」と懸念されることあります。

だから、辞めたことがスキルアップにつながようにアピールして説得してもらわなかればいけません。

そして、浅い経験ではありますが実績ややったことはあるはずです。

そのように活かしていけるのか、スキルアップにつなげていけのかもアピールしていく必要があります。

将来どうなりたいか目標があることで、伝わりやすくなりますよ。

アピールしていくことで、第二新卒が転職に有利といえるのです。

第二新卒ということを理解できて、転職活動していけばきっとうまくいくはずですよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu