第二新卒の空白期間はないほうがいい

空白期間とは

空白期間とは、経歴にかけるような内容がなかった期間のことです。

会社を退職してから転職するまでに何もしていなかったら空白期間といえます。

面接は、履歴書を見て空白期間があれば、突っしっかり勉強していたこと込んでくることが多いのです。

その時に、「何をしていたか」「なぜ働いていなかったのか」理由を言えることが大切です。

そうでなければ、ただ単に働く気がないのかと思われてしまいます。

空白期間ができる理由とは

人それぞれ理由があるので、一言で片づけられるわけではありません。

転職活動

第二新卒は、転職する時にこだわりを持ってしまいます。

これまでの経験や実績を活かすことができるように求人探しに時間がかかってしまいます。

自分が思うような求人が出るまで待っていたり、条件が違っていたりすると長引くことになります。

特に未経験の職業であれば、不安なことや警戒心もあって慎重に探すために時間がかかってしまいます。

休暇を取っていた

前職では、根を詰めて働きすぎた人も多いでしょう。

だから精神的にも、肉体的にも疲れてしまったことで少し休暇を取ることで気分転換する人だってあります。

その時間が、ちょっと場が長引いたことも多くあります。

アルバイトをしていた

未経験の仕事に挑戦したい人もいます。

不安などでアルバイトで少しでも経験してから転職したい・・・

あるいは今すぐにでも生活するために資金を稼ぐためにアルバイトをする人だっています。

空白期間はマイナスに判断される

第二新卒として経験や実績を積んだことが、空白期間があることでマイナスに判断されることはあります。

面接官の信条としては、「なんで空白期間を必要だったのか」疑問があります。

スキルアップのために転職活動するのだったら、すぐに転職するはずと思われてしまいます。

働く気持ちがなかったのかなんて思われてしまいます。

また空白期間があることで、身につけた知識や技術も忘れてしまいます。

そうなると未経験に近づいてしまうのです。

会社にとっては、採用するメリットが少なくなってしまうのです。

そう思われないようにするには、空白期間の間をしっかり勉強して知識や技術を忘れないようにしていたことをアピールすることが大事なのです。

空白期間がマイナスではなく、あなたにとってはプラスになるようにこれからの経験や実績が活かすことができるようにアピールすることで問題ないでしょう。

要するに空白期間が意味があったことが大切ですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu