コミュ障は就職できてもなじめないことが多い

コミュ障だと思ってしまう方は就職してもいと安心といかないことがあります。

おそらく就職活動も苦労を重ねて何とか就職できたと思います。

不採用になってもあきらなかったことが、あなたの地震にもなったんじゃないでしょうか?

就職してからもコミュニケーションは仕事をするうえで必要になるか苦労することになることがあります。

面接練習では、事前にどんなことを言おうか、質問の答え方を考えることができていました。

しかし、実際に働いていくとなるといつどんな会話をするかなど分かりませんよね。

急に話すこともありますからね。

自分だけがいくら技術が高くても、一人で仕事をすることでなく、協力しなければいけないのでなじむことができなくなります。

また、仕事のミスをするだけではなくて、人間関係もぎくしゃくしてしまい、会社に居づらくなってしまうのです。

だから、コミュ障だと思ってしまうかたは、就職できたとしても安心できないのです。

では、続けていくことができないかと言われるとそんなことはありません。

少しずつでもいいのでコミュニケーションを取る努力を見てもらうことが大切なのです。

挨拶について

挨拶は、会話する基本となります。

「挨拶なんかで変わらない」と思ってしまうかもしれません。

では、あなたから挨拶して気持ちがよく返ってきたことがありますか?

もし、無視されたりそっけない挨拶だったならあなたができていない可能性もあります。

挨拶をされたら嫌な人はいないからです。

大きな声であいさつをすれば、気持ちのいい挨拶が返ってくるはずなのでまずは実践してみましょう。

掃除について

挨拶がどうしても恥ずかしい、難しいのであれば行動で表してみましょう。

要するに、「仕事に対する熱意ややる気」はあることを見てもらうことが必要です。

ちょっとだけは早く出勤して社内の掃除や身の回りの整理整頓をしてみましょう。

そこから「○○君、頑張っているね。」と評価してもらえることもあります。

上司や先輩から声をかけてきてくれて、少しでも話すことができるかもしれません。

挨拶も掃除も会話するためのきっかけづくりを自分から作るということが大事なのです。

コミュ障だと思ってしまう方は、就職してからも会話ができないと連携が取れずに人間関係が築くことができずに、なじめないことが多いです。

ですが、挨拶や掃除など自分から会話するきっかけを作って続けていくことで、上司や先輩からも話しかけてもらえやすくなってなじむことができますよ。

参考サイト:就職してから職場でなじめない時にできるコミュ障なりの対策

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu